次世代のマウスピース矯正について

従来歯列矯正にはワイヤーやブラケットなどの器具を使いますが、最近ではマウスピースによる施術が人気があります。
マウスピースはアスリートが体を調整するのに使ったり歯を守るイメージがありますが、最近では矯正にも利用されています。
アメリカではマウスピース矯正は一般的で、日本でもその数は増加中です。
ワイヤーを装着するには抵抗がある人や痛くない矯正を探している人におすすめします。

マウスピース以前は矯正と言うとブラケットという器具にワイヤーを通して矯正するのがポピュラーな方法でした。
効果が確約されていてどのエリアでも治療を受けることができますが、目立ちやすいというデメリットもあります。
マウスピースには透明のものがあり歯に装着すると口を開けてもそれほど目立たないメリットがあります。
発声するにも普通に行うことが可能です。
思春期の子供も始めやすく、初めての歯列矯正にはおすすめと言えるでしょう。

ブラケットやワイヤーは自分で外すことができず矯正中はずっと付けていなければいけませんが、マウスピースの場合は自分の意志で簡単に外すことができます。
1日の装着時間が決められていますが、食事中は少し外しても問題なくハミガキすることができるので衛生的です。
矯正中は虫歯になりやすいと言われていますが、器具を外してきれいな状態を維持することができるでしょう。
ブラケット矯正に使用されるブラケットやワイヤーなどは金属製でできているので、ニッケルやクロムといった金属アレルギーとなる物質を含んでいることがあります。
付けている間に金属アレルギーを発症する人もいて、金属アレルギーになる人は金属を使っていない透明のマウスピース矯正だと安心・安全に利用することが可能です。

マウスピースは目立たないし審美性も高く、装着時の痛みもほとんどありません。
一度慣れてしまうと痛みを感じない人もいて、ワイヤー矯正より痛みが少ないこともメリットと言えます。
簡単に取り外すことができるマウスピースなので虫歯の治療などと平行して行うことができ、食事を行う際は少し外すことができるので外出することも可能です。
マウスピース矯正にはインビザラインやクリアライナーなどのさまざまな素材で作られていて、クリニックよって取り扱うものが異なります。
インビザラインの場合は通院の手間が省けたり治療期間が短いという特徴がありますが、いずれの素材もゆっくりと歯を矯正して行く治療です。

叢生だとマウスピース矯正できないこともある

マウスピース矯正は取り外しができたり審美性が高いので人気です。
普通に発声することができ幅広い世代に利用されていますが、マウスピース矯正を受けることができないケースもあります。
例えば歯が叢生だったり生え方が歪んでいると、マウスピース矯正には不適と判断される可能があります。
マウスピース矯正は取り外し可能でゆっくり少しずつ動かす特性を持っていますが、歯並びが悪過ぎると治療期間が長引いたり膨大な費用がかかるなどのデメリットが生じるでしょう。

歯列矯正は患者に負担がかかる?

患者にとって大きな負担になり、歯科医師によっては歯列矯正をすすめないこともあります。
例えば咬合力が強いとマウスピースが不向きな場合があり、歯と歯を噛み合わせる際につい力が入ってしまう人はマウスピースをすすめられないことがあります。
マウスピースが破損し不具合を起こしたり、機能をなくしてしまうケースがあるからです。
歯にかかる負担は100kg近くになると言われているので歯の力が強い人には不向きでしょう。
マウスピース矯正はワイヤー矯正より負担が少なく衛生的ですが、歯や歯茎の負担や細菌などが溜まりやすいというリスクはあります。
既に虫歯などがあると症状が悪化することがあるので、治療をすすめられないケースがほとんどです。
歯列矯正は先に口の病気を治療してからその後で開始されるので、先に虫歯治療が行われます。

マウスピースは基本的に1日20時間以上装着しなければいけないので、決められた時間を守らないときちんとした矯正効果を得ることができません。
すぐに外したり付け忘れたり、面倒くさいと思う人や無意識に外してしまう子供には不向きな治療です。
歯科医師から指示された時間をきちんと守ることが大切なので、ルールを守れないような人には向きません。
矯正治療にはマウスピース矯正や金属などのワイヤー矯正の他に、金属を使わないワイヤー矯正や歯の裏にワイヤーを付けるリンガル矯正なども存在します。
歯の状態が悪いせいでマウスピース矯正ができなくても、金属のワイヤー矯正と限定されるわけではありません。
歯科医師に自分の要望やニーズ、不安や悩みなどを相談し自分に合った矯正治療を提案してもらうと良いでしょう。
現在は昔と違って自分のライフスタイルに合った矯正治療を選択することができるので、矯正治療に関する正しい知識を収集しておき歯科医師と相談しながら施術内容はもちろん施術スケジュールをきちんと把握しておくことをおすすめします。
歯科選びとしては、江東区のような歯科医院の数が非常に多い地域では、技術面でも費用面でも常に選ばれるように進化しています。
江東区には実績と信頼の歯医者がいると考えられるので、そういった地域を選ぶのは賢いでしょう。